療養病院の目的

怪我や病気で一時的に入院する一般病床と療養病床との大きな違いはその目的にも現れています。一般病床では怪我や病気で一時的に入院した患者さんを治療し、いち早く日常生活に復帰させることが目的です。

一方、療養病床では急性期は脱したものの、いまだ日常生活に戻るには厳しい状況にある患者さんが入院しています。したがって、継続的な治療と長期的な計画を立てての日常生活への復帰が目的になっています。また、その間にご家族には患者さんのバックアップ体制を整えてもらう、という意味も長い入院には含まれています。

長期的とは言っても、最近では療養病床でも最高3ヶ月しか入院できなくなっているという話が聞かれます。日常生活が困難なレベルにもかかわらず3ヶ月しか入院させてもらえないのは困る、と思う方も多いと思われます。しかし、決して法律などで3ヶ月までの入院しか認めないとなっているわけではないのです。

実はリハビリの考え方で、3ヶ月のリハビリ期間が望ましいと考えられているため、療養病床では日常生活への復帰、つまり退院まで3ヶ月を目安として儲けているところが多いのです。もちろん、重篤な状態で3ヶ月ではとても退院できないという場合は3ヶ月以上入院することも可能なのです。

一般的な病床との違い

日本には患者さんの状態で病床が5つに分けられています。一番に思いつくのが怪我や病気などで入院する一般病床でしょう。では、その一般病床と療養病床とではどういった点が異なるのでしょうか。

一般病床では主に急性期の患者さんが入院しています。急性期とは、急な病気や怪我などで緊急に治療が必要な状態のことを意味しています。がんや骨折などをイメージしてもらえるとわかりやすいと思います。入院期間も短く、その病気や怪我が治る、あるいは日常生活に戻れる程度に回復すれば退院することができます。

一方療養病床は急性期の状態は脱して、状態は安定しているが自宅に戻るには困難な状態を慢性期といいます。急性期の場合は2週間や長くても1ヶ月程度の入院で済むことが多いですが、慢性期の場合はそれ以上、長期間入院することになります。急性期の患者さんの年齢層は幅広いですが、慢性期の患者さんが入院する療養病床は高齢者の方が多いです。したがって療養病床は介護型と医療型にわかれています。この二つの違いは適用される保険の違いです。

常駐する医師や看護師などのスタッフの人数なども一般病床と療養病床では異なります。基本的には患者さんの病態の違いで病床が異なると考えて問題ありません。

療養病院とは

日本の病院の病床は医療法によって一般病床、療養病床、精神病床、感染症病床、結核病床の5つに分類されています。療養病院はこのうちの療養病床を有している、あるいはこの病床だけを専門に持つ病院のことです。病院によっては病棟と名乗っている場合もあります。

そして病養病床はさらに医療型療養病床と介護型療養病床に分けられています。医療保険が適用されるのが医療型療養病床であり、介護保険が適用されるのが介護型療養病床です。いずれも入院している患者さんの病状が慢性期であり、ADL(日常生活動作)の度合いで患者さんへのケア内容が決まります。医療型療養病床の場合は特定の疾患がある場合もそこに入院することが可能です。

ちなみに介護型療養病床と通常の介護施設とは何が違うのかというと、ケア内容がもっとも違う点と言えるでしょう。介護施設や老人ホームでは医師や看護師が常駐しているところもありますが、体調管理などの医療行為は行っても基本的に治療行為は行いません。療養病床はあくまでも病院なので患者さんの病状の改善を試みます。

一方、老人ホームや介護施設ではレクリエーションなど入居者の方の娯楽が充実しています。また、療養病床の場合、介護施設などでは必要になる入居一時金はかかりませんが、その分月額料金が施設よりも割高になっているところが多いです。どちらも特徴がありますので、いずれかの施設を利用したいと考えている場合はその特徴を理解して利用しましょう。